Raise your standard!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Raise your standard!

一緒に物事の基準を上げていきましょう。読めば元気になるブログ。

【必見?】女の子のデートの誘い方7選

女の子の素敵な誘い方とは?

 

合コン、party、紹介、あるいは偶然の出会い。

気になる女性に出会った時、どのように誘いを切り出すべきか。

ずばり、パターンを挙げて検証していきましょう!

 f:id:pertext:20160824204343j:plain

男は黙ってどストレートに誘う!

「今度、ご飯に行きませんか?」

良いですね。ストレート。シンプルです。

もし相手も多少なりとも好意を持ってくれていれば、すんなりOKが出るでしょう。

相手にどうとも思われてなくても、ストレートに誘われれば悪い気はしません。

もしあまりよく思われてない場合、「あれ、こんなストレートに誘われると...きゅん」となるか「行かねーよ」のどちらかです。

いずれにしても王道!シンプルがべスト!行けたらOK!ダメなら次!

フランクに誘う♪

「今度飲みいこうよ!」

これも比較的フランクで良いですね。ポップな感じ。軽い感じ。

あまり警戒されていなければ、返事もしやすいですしOKが出るでしょう。

何とも思われてなくても「まあいいかなー」って感じでしょうか。

あまりよく思われていない場合は「いかねーよ!」ですね。でも、軽いノリなら相手も断りやすいですし、ダメなら次です。誘い方としては、悪い印象にはならない。

ただ、フランクすぎて軽いと思われるのはやめましょう。

料理(お店)で釣る。

「美味しいパスタ屋があるから行ってみたいんだけど、行かない?」

「高級寿司食いに行きたいんだけど、付き合ってくれない?」

よくある手法です。ずるいですが、上手いですね。ポイントは2つ。

・シンプルに美味しいものを食べたいという欲求を刺激する

・女性は言い訳したい生き物。”私は美味しいご飯を食べにいくんだ”という理由を用意してあげる

何かと理由をつけることで人は説得されやすいので適度に織り込むのもありですね!

遠回しに言う。

「最近あまり飲みにいけてなくてさー・・・」

「あそこのお店、美味しいらしいんだよねー」

「あ~何かがっつり飲みたい気分」

関係性が出来上がってれば、向こうから誘ってくれるでしょう。

そうじゃなければ、「なんだこいつ」となる可能性が非常に高いですね。なんだこいつ。

キャラが立ってれば良いですが、自分からは誘わない(誘えない)感じがプンプン伝わってしまうと、ダサい。出来ればやめましょう。

使うとすれば、あえて自分が誘ったというシチュエーションを作らない目的がある時くらいでしょうか。

変化球

「吉野家いかない?」

変化球ですね。「え!?吉野家!?なんで!?」となります。そして、優しい女性なら「牛丼食べたいの?(笑)」プライドの高い女性なら「なめてる?」という反応でしょう。

この発言に隠された裏の意図。「僕はご飯が目的なんじゃない。あなたと一緒に食事をすることが目的なんだ。」と。そう、食事で釣るバージョンの真逆をいっているのです!!!逆に、ここに付いてきてくれるようであればもう付き合っているも同然!また、食事で釣ろうという下心の無い男らしさ!!男気しか感じられないかもしれません。

中継プレー

友人⇒女の子

「〇〇がごはん行きたいらしいよ!」

友人を経由して伝えるパターン。断られた場合、あなたのダメージは半減。

実に男らしくない。男気のかけらもないですね。だめだめ。・・・・と見せかけて

案外女の子の気持ちは大きく揺れ動く可能性があります。

他人から噂の形で聞く褒め言葉なんかは、効果が高いと言いますよね。同じ現象が起こりうる。だから、そういう意図で上手く使う場合でも、単に脈をはかる場合でも、意外と使える手法です。男気は無いけどね。

 

変化球②

「食べるものがなくて餓死しそうなんだけど...」

ええ。物乞いパターンですね。

母性本能をくすぐる魔法のフレーズ。マジカルワード。「もう!私がなんとかしてあげなくちゃ!」と、なるんでしょうか?これも相手の好意のレベル次第。「そのまましね!」という辛辣な回答もありえます。

 

結論:やっぱりストレートが一番

ストレートがシンプルで一番ですよね。小手先の駆け引きなんかやめちゃいましょう。

(決して投げやりにはなっていません。)

 

以上。

 

【関連記事】

 

 

pertext.hatenablog.com

 

 

pertext.hatenablog.com