Raise your standard!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Raise your standard!

一緒に物事の基準を上げていきましょう。読めば元気になるブログ。

人の心の掴み方、感情の動かし方はとても大事!

こんにちわ。ゆーさんです。

人として生きて行く上で、人の心を上手につかむことが出来れば人生スムーズに行きますよね。では早速、人の心の掴み方、いわば人の感情の動かし方について学べばどんなメリットがあるのかを見ていきましょう。

 

人の心をつかむとは?

人の心を掴むということは、相手が何をされたら嬉しいのか、相手が何をされたら怒るのか、嫌なのか、悲しいのか等を的確に把握することです。そこを的確につかんでいることで、相手が喜ぶ行動をしたり、相手を上手く刺激することができます。じゃあ、それが出来ればどんなことが出来るのでしょうか。

コミュニケーションが円滑に進む。

相手のことを良く理解していれば、「この人はこれを言ったら喜ぶ!」とか「この人はこれが好きだから〇〇をあげよう!」とか、相手を上手く喜ばせてあげることができます。一方、「この人はこれを嫌がるから気を付けよう!」とか「この人は〇〇にこだわりがあるから細心の注意を払おう」という意識で、トラブルを避けることもできます。

自分を知ることに繋がる。

人の心を掴んで感情についてよく知ることは、自分を知ることにも繋がります。他人が何をされたら喜ぶのか、嫌なのかを知るのと同じように、自分は何をされたら嬉しいのか、嫌なのかということを客観的に把握することで自分を知ることができますし、自分と向き合うきっかけにもなります。逆に、自分のことをよく知らないまま他人をコントロールするのは難しいです。自分の感情に振り回されてしまいがちになってしまいます。

ビジネスに活かせる。

仕事上でも人間関係は非常に大切です。非常に大切というか、人間関係がほぼ全て。なので、ここを押さえれば仕事も円滑に進みます。更に、マーケティングというポイントでも人の心を掴むことは非常に大切です。「人は一体何に心を動かすのか」を知っていれば、どのように広告を打ってどのようにセールスをかければモノが売れるのかがすぐにわかるからです。

関連書籍

色々な本がありますが、「これはオススメ!」ってものが是非教えてほしいです。

 

人を動かす 文庫版

人を動かす 文庫版

 

 

感情を制する者はゲームを制す(対談) DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文

感情を制する者はゲームを制す(対談) DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文

 

 

 

脳が読みたくなるストーリーの書き方

脳が読みたくなるストーリーの書き方