Raise your standard!

Raise your standard!

一緒に物事の基準を上げていきましょう。読めば元気になるブログ。

何でその行動をするのか?を的確に把握する。

こんにちは。ゆーさんでふ。

人はすぐに遠回りをしてしまい、気づけば手段が目的化してしまう生き物。本来の目的を見失ってしまったり、感情に振り回されてすぐに手段が目的化してしまう。

今やっているその行動は、何のため?

今自分がやっている行動が何のためなのか、ちゃんと向き合ってみる。こんな資料を作ってるのは何のため?誰のため?こんなに長時間労働してるのは一体何のため?これに拘っているのは一体どうしてだ?気づけば手段が目的化していないか?本来の目的は、何だった…?

一番大事なことってなんだろう?

自分にとって一番大事なこととはなんだろうか。そこを忘れてしまうと、本来の願いからかけ離れた方向に進んでしまうことになってしまう。元々は家族の幸せを願って頑張って働いているお父さんが居るとする。だから、家族には裕福な暮らしをしてほしい。そのためには仕事を頑張る。ガムシャラに頑張る。でも、仕事のストレスは溜まる一方。奥さんからは仕事ばっかりと文句を言われる。お父さんは仕事がんばる。仕事がんばることが目的になる。そして、夫婦の心はすれ違いが続いてしまい、冷え切った関係が生まれてしまう。あれ、おかしくね?

本来は家族の幸せを願うお父さんは、その目的を忘れてしまっていて、奥さんにはその思いは伝わっていない。だから、不幸な結果になってしまう。

人は嘘を塗り重ねていく。

生きていると、人は自分を守る為に意識的にも無意識的にも自分に嘘を重ねてしまう。自分が傷つかないための理由を作り上げてしまうのだ。歪な形の石を積み上げていくように嘘を重ねていき、やがてそれは限界が来た時に崩壊する。本当はもっとシンプルなところに答えがあるのに、いや、目の前にいつも大事なものはあるのに、他のことに夢中になり、気づけば石を積み上げてしまっている。

自分を大切にして、素直で正直であれば良い。

まず大切にすべきは自分で、その上で自分の幸せについて素直であれば良い。自分の幸せを疎かにしていれば必ずその反動は来るし、自分の気持ちを変にごまかしてしまえばベクトルは違う方向に向いていく。自分を大切に出来ていかなったら周りからも大切にされていないと感じ、その結果自分を嘘の鎧で固めていく必要が出てきてしまうのだ。

 

手段が目的化してしまい、不幸な結果を招いてしまうことほど悲しいものはない。本当は相手のことを思っていても、本来の望みとは真逆の方向に進んでしまう。あるいは、個人的な課題を解決する時でさえ、気づけばゴールから程遠い位置にいることに気づく。

だから、自分はいま何でこんな行動をとってるのだろう?そもそもなんのため?なんで?なんで?なんで?と、突き詰めて向き合うことが大切になる。