Raise your standard!

Raise your standard!

一緒に物事の基準を上げていきましょう。読めば元気になるブログ。

【心得よ】人から好かれるためにやめるべき悪習慣6選!

こんにちわ。ゆーさんです。

今日は人から好かれるために、いや人から嫌われないためにやめるべき6つの悪習慣について書いて行きます。では、さっそく全部書きます。

愚痴、悪口、嫉妬、ため息、言い訳、承認を求めること!

こういうことを日常的に繰り返している人はネガティブな思考、雰囲気、オーラを周りに振りまいてしまっています。どう考えても近寄りがたいですよね。「ほんとあの人は自分勝手でさ・・・」「あーまじで最悪」「くやしい!私よりチヤホヤされてる!」「はぁ~~~~ぁああ~~~」「おれは悪くないんです!」「(すごいって言って!><)」書いてるだけで嫌になってきました。

6つの行為に共通する一つのこと

愚痴、悪口、嫉妬、ため息、言い訳、承認を求めること。共通していることは一つ。「自分の人生を他人に預けてしまっている」ことです。もっと簡単に言えば「てめえの人生に自分で責任を持て!」となります。

基本的に人生というのは自己責任論(自分で選択している)、現実や周りを変えるならまず自分が変わるところからスタートするのですが、この悪習を持つ人たちは周りのせいにしてしまっている。例えば端的に言えば、会社での愚痴や悪口を言うくらいならサッサとやめて自分で環境を変えてしまえ!ということになる。とはいえ、愚痴や悪口くらいならストレス発散にも必要ですし、ガス抜きとしての役割も果たしてくれるのでまだ良いでしょう(もちろん頻度による)でも、嫉妬になるとどうでしょう。嫉妬ほど醜い感情はないと言いますが、自分を棚上げして他人を妬んでんじゃねえよ!って話になります。ため息は自然と零れ落ちるものかもしれませんが、あまりにもはぁはぁ言っていたら(こんなに悩んでいる私、疲れている私)というアピールにしか見えなくなってしまう。

言い訳は言わずもがなで、「言い訳をする状況で必要なのは真摯に反省して最善の手を最短で打つこと」にも関わらず、自分のせいじゃないという話をしてしまえば、ナンダコイツとなるのが通常の流れです。

承認欲求は上手くコントロールしましょう

承認欲求。他人に認めてほしい。この感情は時にはモチベーションの源となり、時には人に嫌われる最も大きな要素となりうる。「うおおお上司に認めてほしいい!」という気持ちで仕事を頑張る場合、プラスに作用するときもあります。でも、大体にしてマイナス作用に働くことが多い。

承認欲求は、ストレートに気持ちを変換した場合「ほら!私かわいいでしょ!こんなにかわいいの!可愛いって言って!ほら!早く!言えよ!」とか「いやーオレすごいだろ。ここまでやったんだわ。ほら。すごいっしょ。ほら。ほら。」ということです。一緒にいたら疲れますよね。(関連過去記事)

 

pertext.hatenablog.com

結論

この悪習慣をやらない人、逆を行く人は魅力的です。自分の中に自分軸のようなもんをしっかり持っていて、自分で自分を信頼している。

もしかなりどっぷり悪習に浸かってしまっている人は、少しずつ考え方を変えていけば、もっと人生がスムーズにいくようになります。

 

以上!