Raise your standard!

Raise your standard!

一緒に物事の基準を上げていきましょう。読めば元気になるブログ。

コミュ力に自信がない人は、これを心掛けてほしい。

こんにちわ。ゆーさんです。

中々上手くコミュニケーションを図れない。飲み会が苦手。冗談を言いにくい。そんな悩みを抱えている人に意識して欲しいことを書いて行きます。

自分を卑下しないでください。

これに尽きます。コミュニケーションに苦手意識がある方は自己評価が低いです。一方でプライドは高いため、そこも中々認めることが出来ない。以前の僕がそうでした。他人と比較して、何かで自分が劣っているように感じ、”対等なコミュニケーション”が図れない。一方、自分より格下だと思っている相手とは問題なく会話ができる。そこに問題があるんです。

”自分をどのように扱っているか”が他人とのコミュニケーションに顕著に現れてきます。そのままです。他人は自分の内面の鏡です。「自分のことをどのように思っているか?」という質問に対して、明確に回答できるでしょうか。できたとして、それはセルフイメージが高いと言えるでしょうか。

何でも良いから、自信が持てる分野を持ちましょう。

人には長所もあれば短所もある。得手不得手があるんです。歌が上手い人も居れば下手な人もいる。カッコ良い人も居ればブサイクもいる。勉強ができる奴もいれば出来ないやつもいる。そういうところで、いちいち自分を否定しなくて良いんです。逆に、ここだけは自分はまけない!というものを持てば良い。何でも良いんです。将棋は誰にも負けない!とか、このアイドルの情報はおれが一番詳しい!とか。僕の友人にはAV監督の話を詳しく語る奴も居ました。

それで、自分には「これがある」と思えることで、自分と相手を対等な立ち位置で認識出来るようになって下さい。円滑なコミュニケーションの土台は、”対等”だと思えることです。もしあなたが自分に自信が無くて、オドオドしたり自信無さげになってしまうと、相手はそこを機敏に感じとってしまいます。そうなると、あなたの頭の中に自動的に力関係が生まれてしまいます。

思い切って自分の扱いを変えること。

習慣を変えることは非常に難しいですが、思い切って自分の扱いを変えてください。難しい場合は周りの自己評価が高い人を参考にしてください。やるかやらないか、だけです。

【関連記事】

 

pertext.hatenablog.com

 

 

pertext.hatenablog.com

 

 

pertext.hatenablog.com