Raise your standard!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Raise your standard!

一緒に物事の基準を上げていきましょう。読めば元気になるブログ。

飲食店は「料理の質」x「ホスピタリティ」が全て

こんにちわ。ゆーさんです。

僕は仕事でもプライベートでも色々な飲食店に行きます。自分自身、色んな飲食店でアルバイト経験をしていたこともあり、飲食店が大好きです。使用場面によって求められるものは変わってきますが、飲食店に共通する大事な大事なもの。それは料理の質とホスピタリティ!

料理の質はもちろん大事!

当たり前の話なんですが、料理の質はもちろん大事。もう美味しければ美味しいほど文句は無いんですが、一番問題なのは美味しくない料理。この料理って、キッチン(料理人)の実力にもよると思うんですが、「美味しいものを出そうとしているかどうか」という姿勢が決め手な気がします。

高い金払えば美味しいものは出てくるんですが、そこそこリーズナブルな店では顕著に差が出てきます。良い価格でも美味しいものを提供しているお店は何度でも行きたくなるし、大抵人気店ですよね。チェーン店なんかは基本的に美味しくない(ぶっちゃけたまにまずい)から行かないですし、大手なら立地で勝負が出来ていたといても、必ず衰退していく。

ホスピタリティの重要性

飲食店はもちろん料理がメインの商品になるわけですが、それだけではありません。ある意味料理以上に集客の決め手となるのが、ホスピタリティ。よく考えれば当たり前です。飲食店はサービス業。そのサービスの良し悪しは、店の品質に直結します。

飲食店は基本的にアルバイトを雇って運営をしていますが、店員の教育は本当に大事です。僕は店員のレベルが低いな、と思ったら2度と行こうと思わないし、早々に切り上げて店を変えます。店員のレベルが低いというのは、「愛想がない」「サービス精神がない」「気配りが出来ていない」「やらされている感しかない」「ミスをする」「無礼」などなど、一言で言えば”未熟”といったところでしょうか。どうせやるなら自分の役割を全力で全うすれば良いのに、ごくまれに遭遇します。ふと入った、一見おしゃれに見えるお店のランチとかで発生する気がします。ほんとにお店によってレベルがバラバラ!逆に、差別化しやすいポイントですよね。

どうやったらお客さんが喜ぶか?にフォーカスすれば、必ずリピーターはつく。

いかにファンを作るか、そこに尽きると思います。料理の味でファンを作ることが出来ればそれはそれで十分ですが、ホスピタリティが良ければそれで更にお客さんを離さなくなるし、もっとファンを増やすこともできる。ちょっとしたサービスで心を動かすことができれば、それだけで未来の集客ができる。「こんなことをしてくれる!」という話題性や、「ここのお店の店員なら問題ない」という信頼、「ちょっとしたサプライズでの喜び」で思い出のお店にする、等々。そういうお店は素敵なお客さんも集まるだろうし、そしたらお店でイベントなんかも開いてしまえば良い。

 

世の中にもっと素敵な飲食店が増えれば良いなと思います。