Raise your standard!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Raise your standard!

一緒に物事の基準を上げていきましょう。読めば元気になるブログ。

【即効性】自分の言葉を変えてみる

こんにちわ。ゆーさんです。

皆さんは、自分特有の口癖はあるだろうか。

人は無意識の内にいつも使っている言葉があったり、考えている事がある。その内容を徹底的に観察してみよう。

まず、人は自分と向き合うこと自体に抵抗を覚えるものだ。自分を直視するというのは時に苦しく、出来れば避けたいところだ。自分に責任があるような失敗をした時なんかは、つい現実逃避に走り、認めたくない気持ちになってしまう。

ただ、自分と向き合うことで得られる効用は、そのような一時の苦痛とは比べものにならないくらい大切なものだ。

自分と向かい合った時に、初めて見えてくるものがたくさんある。

その中でも、自分が普段使っている言葉に注目してみよう。それを観察するだけで、"どうして自分はいつもこうなんだろう"とか"なんか上手く行かないな"といった、現実の不満や問題の原因が見えてくるのである。

 

 

世の中には仕事ができる人はバリバリできるし、人気のある人は魅力に溢れている。その一方、仕事がいつも上手くいっていない人もいれば、一緒に居たら疲れるような関わりたくない人も居る。

彼らの違いは何だろうか。

それは、使っている言葉に大いに現れている。

ものすごく当たり前の事で、散々語られ尽くされているような内容かもしれないが、やはり如実に現れてくるのだ。

良い言葉を意識的にも無意識的にも使っている人は、良い結果を得ている。逆の場合は、いつも不満を持っていたり上手く行かなかったりする。

言葉が思考を作るから当たり前なのだが、人は"慣れ"というものにハマると驚くほど自分の"あり方"を変えることができず、なかなか気づくこともできない。

だから、意識的に自分が使っている言葉を観察して、気づいて、変えていけば、人生における変化を如実に感じることができる。

僕自身、無意識に「めんどくせぇ」「だるい」と使うことが多かったが、彼女に尽く指摘を受け、最初はうるさいなぁとか思っていたが、よくよく考えると、「あれ、自分が使ってる言葉って、全然ポジティブじゃないな」と気づくに至った。

そこから意識的に言葉をポジティブに変えると、そのベースで物事を考えるため、発想や思考の方向性をガラリと変えていくことができる。

ネガティヴな言葉を使ってネガティヴに考えてしまうと、自分に悪いことやネガティヴなことばっかりが集まってきているように見えてしまうのだ。

だから、人生を変える即効性のある手段として、"使う言葉を変える"ことが大いに効果を発揮してくれる。

もし行き詰まったり悩んでいたりするならば、一度積極的かつ徹底的にポジティブな言葉と発想を持ってやれば良い。