Raise your standard!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Raise your standard!

一緒に物事の基準を上げていきましょう。読めば元気になるブログ。

セルフイメージを高める方法(エッセンス)4選

どうやってセルフイメージを高めるか。

f:id:pertext:20160813145359j:plain

 

こんにちわ。ゆーさんです。

今日は、セルフイメージを高める方法を大きく4つに分けて紹介していきます。

是非参考にしていただき、実践してみてください。

1.身近なモノを良いモノにする!

今自分が使っている身近なモノを、良いものにしましょう。

身近なモノとは何か?今あなたが使っているペン、バッグ、時計など、よく使うもののことです。他にも、カップやグラス、靴、スーツ、イス、などなど。よく、下着を良いものにするとセルフイメージが上がるとも言いますよね。

僕はこの前パジャマを買いました。パジャマというか部屋着ですね。着心地が良くて、快適です。

ここで大事なのは、「ブランド物を身に着けている自分が素敵、カッコ良い、最高。」という話ではありません。それでもセルフイメージは上がるのですが、この考え方だと”ブランド物を身に着けていない自分はダメだ”となってしまいます。本質はここじゃない。大事なのは、「自分を大切にするために良いものを使う”という姿勢です。

自分を快適にしてあげること、自分を大事にしてあげることが大事なのです。それがセルフイメージの向上に繋がります。自分をどう扱うか次第で、人生におけるあらゆる選択が変わってくるのです。自分を大切に出来ていれば、あらゆる選択の場面で自分を大切にする選択ができるようになります。

どんどん、自分の持つものにこだわりをもちながら、「自分を快適にしてあげましょう」。

 

2.良い作品、一流の作品にたくさん触れる。

素晴らしい作品にたくさん触れましょう。映画、音楽、書籍(マンガ含む)世の中には素晴らしいものがたくさんあります。一流の作品には”真理”が含まれている事が多い。愛され続ける作品には理由がある。

何かを見て感動することであなたの心が動かされると、感動が生まれます。その感動は感情を揺さぶります。あなたの中で眠っている何かに振動を与え、何か気づくものが得られます。

また、感動することで人は莫大なエネルギーを手に入れられます。

音楽であればクラシックを聴くのも良いですし、映画であれば過去の名作を見るのも良いでしょう。何かに没頭するというのも、非常に良い体験になります。

 

f:id:pertext:20160813150524j:plain

3.素敵な空間で時間を過ごす!

素敵な空間で過ごしましょう。良い空間は気分が良くなります。

街中にある騒がしいカフェと、一流ホテルのカフェでは雰囲気が全く異なります。たまに高級ホテルのロビー隣接しているカフェに行って、ゆっくり過ごしてみるのもありです。また、一流のサービスを受けることでセルフイメージも非常に高まりますし、勉強になることがたくさんあります。多少価格が高い分、ホスピタリティと気遣いが段違いです。(たまに、値段が高くてもサービスが伴わない場合もありますが)

そこまでしなくても、雰囲気の良いカフェやお店があれば、そこでゆっくり過ごす時間を作ってみて下さい。

 

4.良い習慣を作る。

内側からセルフイメージを高めていきます。

良い習慣を作りましょう。自分の健康・知力・イメージに効果をもたらす習慣です。

まず自分のセルフイメージを高める習慣として、「自分と向き合う時間を作る」習慣を頑張って作り上げて下さい。毎日30分が理想ですが、10分でも構いません。その時間に自分と向き合い、自分の声をしっかりと聞き、自分を大切にするのです。”自分と向き合う”ということは自分を大切にすることです。もしあなたに子供がいるとして、毎日しっかりと向き合わなければ、子供は寂しい思いをするし素直に向き合ってくれなくなるのではないでしょうか?自分も同じです。更に、小さな習慣を継続することは自分との約束を守ることになります。そうすることで自分への信頼もより強固になり、セルフイメージの土台が安定してくるのです。

あとは、健康の為にジョギングや筋トレをすると、身体にも精神にもすごく為になります。普通にセルフイメージが高まります。

 

f:id:pertext:20160813151646j:plain

 

まずは簡単なものから実践を!

一気に全部やろうとすると、つまづいちゃいますね。まずは簡単なものから少しずつ実践してみて下さい。身近なモノであまり高価じゃないモノから実践していくと、やりやすいと思います。

「毎日、昨日とは自分になってみる。」この意識で、少しずつ新しい取り組みを進めて行けば、日々の変化は少しずつだとしても、1か月後、3か月後、半年後、1年後には大きな変化になっています。

 

以上!